総務省消防庁

e-カレッジへようこそ

このサイトについて


 防災・危機管理e-カレッジ(以下「本サイト」と称します。)は、次に定める条件(以下「利用規定」と称します。)にしたがってご利用いただくことを条件として、総務省消防庁が提供するものです。利用者各位におかれましては、本サイトにアクセスしてこれを利用した場合は、この利用規定に同意したものとみなします。

1. 免責事項
 本サイトについては、あらゆる面から細心の注意を払っていますが、総務省消防庁はこれらの信頼性・安全性について一切を保証するものではなく、また利用者各位が本サイト及び本サイトの情報を利用することによって生じるいかなる損害についても責任を負うものではありません。あらかじめご了承ください。

2. 本サイトへのリンクについて
 本サイトはリンクフリーですが、リンク先はトップページに設定することを原則とします。なお、本サイトへリンクする場合は、リンク元URLとご連絡先及びご担当者名をお問合わせのページからご入力し、お知らせ下さい。
バナーロゴによるリンクを行う場合は、以下のバナーロゴをご使用頂けます。ただし、バナーロゴの使用に当たり、これを変形等することはお止め下さい。

防災・危機管理 e-COLLEGE

防災・危機管理 e-COLLEGE

防災・危機管理 e-COLLEGE

防災・危機管理 e-COLLEGE

防災・危機管理 e-COLLEGE

防災・危機管理 e-COLLEGE

 なお、以下のようなリンク、またはそのおそれのあるリンクはお断りします。場合により、これらのリンクは削除を要請することがあります。

法人・個人に限らずこれらを誹謗・中傷するサイトからのリンク。 
公序良俗に反するサイト等、本サイトの信用、品位を損なうサイトからのリンク。
フレームリンク等、本サイトの明確性が損なわれる形態のリンク。
本サイトと何らかの提携または協力関係にあるものと誤認を生じ、または本サイトがリンク元サイトを認知もしくは支持しているとの誤認を生じるリンク。


3. 著作権について

  1. 1. 当ホームページのコンテンツの利用について
  2. 当ホームページで公開している情報(以下「コンテンツ」といいます。)は、別の利用ルールが適用されるコンテンツを除き、どなたでも以下の1)~6)に従って、複製、公衆送信、翻訳・変形等の翻案等、自由に利用できます。商用利用も可能です。
     コンテンツ利用に当たっては、本利用ルールに同意したものとみなします。

    1. 1) 出典の記載について
      1.  コンテンツを利用する際は出典を記載してください。出典の記載方法は以下のとおりです。
      2. (出典記載例)
        出典:消防庁ホームページ(当該ページのURL)
        出典:「○○調査結果」(消防庁)(当該ページのURL)(○年○月○日に利用) など
      1.  コンテンツを編集・加工等して利用する場合は、上記出典とは別に、編集・加工等を行ったことを記載してください。また編集・加工した情報を、あたかも国(又は府省等)が作成したかのような態様で公表・利用することは禁止します。
      2. (コンテンツを編集・加工等して利用する場合の記載例)
        「○○調査結果」(消防庁)(当該ページのURL)を加工して作成
        「○○調査結果」(消防庁)(当該ページのURL)をもとに○○株式会社作成 など
    1. 2) 第三者の権利を侵害しないようにしてください
      1.  コンテンツの中には、第三者(国以外の者をいいます。以下同じ。)が著作権その他の権利を有している場合があります。第三者が著作権を有しているコンテンツや、第三者が著作権以外の権利(例:写真における肖像権、パブリシティ権等)を有しているコンテンツについては、特に権利処理済であることが明示されているものを除き、利用者の責任で、当該第三者から利用の許諾を得てください。
      2.  コンテンツのうち第三者が権利を有しているものについては、出典の表記等によって第三者が権利を有していることを直接的又は間接的に表示・示唆しているものもありますが、明確に第三者が権利を有している部分の特定・明示等を行っていないものもあります。利用する場合は、利用者の責任において確認してください。
      3.  外部データベース等とのAPI(Application Programming Interface)連携等により取得しているコンテンツについては、その提供元の利用条件に従ってください。
      4.  第三者が著作権等を有しているコンテンツであっても、著作権法上認められている引用など、著作権者等の許諾なしに利用できる場合があります。
    1. 3) 禁止している利用について
      1.  コンテンツに関し、以下のように利用することは禁止します。
        1. (ア) 法令、条例又は公序良俗に反する利用
        2. (イ) 国家・国民の安全に脅威を与える利用
    1. 4) 準拠法と合意管轄について
      1.  この利用ルールは、日本法に基づいて解釈されます。
      2.  本利用ルールによるコンテンツの利用及び本利用ルールに関する紛争については、当該紛争に係るコンテンツ又は利用ルールを公開している組織の所在地を管轄する地方裁判所を、第一審の専属的な合意管轄裁判所とします。
    1. 5) 免責について
      1.  国は、利用者がコンテンツを用いて行う一切の行為(コンテンツを編集・加工等した情報を利用することを含む。)について何ら責任を負うものではありません。
      2.  コンテンツは、予告なく変更、移転、削除等が行われることがあります。
    1. 6) その他
      1.  この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません。
      2.  本利用ルールは、平成26年11月13日に定めたものです。本利用ルールは、政府標準利用規約(第1.0版)に準拠しています。本利用ルールは、今後変更される可能性があります。なお、本利用ルールについては、平成27年度に見直しの検討を行うものとします。


4. ご利用いただくブラウザについて
 本サイトを快適に閲覧・ご利用いただくためには、以下のブラウザを推奨いたします。

Microsoft Internet Explorer 6.0以上 
Netscape Navigator 7.0以上

 但し、お客さまのご利用環境によっては、本サイトが提供するサービスを一部ご利用できない場合があります。

5. プラグインについて
 本サイト上で表示される画像などを御覧になるためには、以下のプラグインが必要になる場合があります。お持ちでない方は下記からダウンロードしてください。


6. Windows XP SP2適用環境でのポップアップブロックについて
 Windows XP SP2(サービスパック)が適用されたPC環境においては、e-カレッジのウィンドウやポップアップが正常に表示されない場合があります。その場合はWindows XPのポップアップ ブロック機能を次の方法で解除してください。
 ポップアップ ブロックを解除する設定には2つあります。「e-カレッジのサイト内のみポップアップを許可する設定」と「すべてのサイトでポップアップを許可する設定」です。前者の「e-カレッジのサイト内のみポップアップを許可する設定」を推奨します。

■ e-カレッジのサイト内のみポップアップを許可する設定方法

 ポップアップがブロックされた場合、情報バー(図1)にそのメッセージが表示されます。
                     図1 ポップアップ ブロックの情報バー

 情報バーをクリックして(図2)、表示されるプルダウンメニュー(図3)より「このサイトのポップアップを常に許可」を選択します。これ以降、e-カレッジではポップアップが許可され、つねに表示されるようになります。
                          図2 情報バーをクリック
                      図3 このサイトのポップアップを常に許可

■ すべてのサイトでポップアップを許可する設定方法
 e-カレッジ含めすべてのサイトにおいて、ポップアップを許可する設定が可能です。ただし、この設定は、意図せずに開く広告などのポップアップウィンドウ(なかには危険性のあるプログラムを実行するものもあります)が表示されますのでご注意下さい。ポップアップブロックに関する説明と設定方法は、Microsoft.com Japan(日本マイクロソフト)サイト『初心者向け「カンタン、安心 SP2 早分かりガイド」』に掲載されています。すべてのサイトでポップアップを許可する場合は、十分確認の上設定ください。




このページのトップへ

総務省消防庁

〒100-8927 東京都千代田区霞が関2-1-2 電話番号 03-5253-5111(代表)