総務省消防庁

e-カレッジへようこそ

深く学ぶ

防災・危機管理に関する専門的な内容についてより深く学びたい方は、次の各コースをご覧ください。

レッスン名 学習内容
●南海トラフ巨大地震·首都直下地震対策 発生が懸念されている南海トラフ巨大地震·首都直下地震の被害想定、そして対策の立て方などについて学習します。
●津波対策
(監修:今村文彦 東北大学教授)
津波の発生·伝播·増幅のメカニズム、わが国で発生した津波災害とその特徴、津波対策などについて学びます。
●火山対策
(監修:小山真人 静岡大学教授)
火山災害と対策の特徴、火山ハザードマップの重要性と作成·活用方法、火山に学び生きることの大切さなどについて学びます。
●水害対策
(監修:片田敏孝 群馬大学教授)
洪水ハザードマップの効果、水害時の避難行動の特徴、実効的な避難計画、防災教育の重要性などについて学びます。
●土砂災害対策
(監修:岩松暉 鹿児島大学名誉教授)
土砂災害の種類とメカニズム、土砂災害の前兆現象及び予測、土砂災害対策の考え方、自助の大切さなどについて学びます。
●風害対策
(監修:丸山敬 京都大学防災研究所准教授)
国内における強風がもたらす建物·施設·設備及び市街地等の被害の実態、強風をもたらす気象現象と強風の性質、強風被害の発生メカニズム、風害対策等について学びます。
●雪害対策
(監修:沼野夏生 東北工業大学教授)
豪雪がもたらす都市や地域の機能障害(特に生活の混乱)の視点から、雪害の種類·特性及びその実態、雪害の変遷、豪雪のメカニズム、雪害対策等について学びます。
●火災対策
(監修:消防研究センター)
身近な火災の一つである電気火災の主な発生要因の中から、トラッキング(炭化導電路形成)現象及び接触不良による火災を取り上げ、その発生メカニズムと対策について学びます。
●原子力災害対策 原子力緊急時における原子力災害対策の拠点、原子力災害の特徴と被ばく経路、原子力災害時における「避難」·「安定ヨウ素剤の予防服用」·「飲食物摂取制限」·「立入制限」等の防護対策等について学びます。
●コンビナート災害対策
(監修:大谷英雄 横浜国立大学大学院教授)
コンビナート(危険物施設等)災害の傾向、事故防止対策の現状、事故の規模と安全管理の手法としての「経験的」·「事故解析による」·「リスクアセスメントによる」安全管理の考え方等について学びます。
●油流出事故対策
(監修:独立行政法人 海上災害防止センター)
流出油の及ぼす影響、流出油の性状、「オイルフェンスによる拡散防止」·「油回収装置等による回収」·「油処理剤による分散処理」·「海岸清掃」等の油流出事故対策等について学びます。
●災害情報
(監修:廣井脩 東京大学大学院情報学環教授)
避難勧告·指示の伝達、各種気象情報の収集·伝達、電話の輻輳、災害放送等災害情報を巡るさまざまな観点から、経緯と今後の動向を学びます。
●地震調査委員会による長期評価 地震調査委員会が公表している主要な活断層や海溝型地震の発生可能性(場所、規模及び発生確率)等の概要を学びます。
●災害史から学ぶリンク集 災害史のリンク集です。

このページのトップへ

総務省消防庁

〒100-8927 東京都千代田区霞が関2-1-2 電話番号 03-5253-5111(代表)