総務省消防庁

e-カレッジへようこそ

学校案内



 総務省消防庁では、近い将来、南海トラフを震源とする巨大地震や首都直下地震など大規模な災害の発生も懸念されていることから、緊急消防援助隊を強化し、消防防災・危機管理センターを整備するなど、体制強化に努めています。
 しかしながら、大規模な災害に対しては、地域の防災力を高めて被害の軽減を図ることが極めて重要との認識から、地域の防災力を強化するための各種施策を実施しています。
 「防災・危機管理e-カレッジ」は、この一環として実施するものであり、地域住民の方々、消防職員・消防団員、地方公務員等の方々に、インターネット上で防災・危機管理に関する学びの場を提供することを目的としています。

このページのトップへ

 
■ 入門コース
 
● こどもぼうさいe-ランド
 幼年から中学生を対象とした、家庭や地域での身近な危険(火災や自然災害)から身を守る方法などについて、ゲームやクイズ形式で学んでいくことができるコンテンツです。ぜひ、お子様と一緒に楽しみながら、災害のことや身を守る方法などについて一緒に考えてください。
 
● 師範室
 いのちの大切さについて数多くのメッセージを世に送り出している日野原重明氏から、e-カレッジで学ばれる皆さんにエールを送ります。その他、災害と人間の関係について洞察し、「災害は忘れた頃にやってくる」という警句を遺した寺田寅彦氏の著作をいくつか抜粋してご紹介します。また、関東大震災を警告し、震災後は数多くの著作や講演を通じて震災軽減を訴えた今村明恒氏の著作や講演レコードを紹介します。そして、津波防災教育の教材として有名な「稲むらの火」のモデルとなった濱口梧陵氏の業績を紹介します。
 ぜひ訪問し、いのちの大切さについて、また、防災について考える際の参考にしてください。
 
● 大地震を3日間生き延びる!
 災害が起きたとき、身を守り、被害を拡大しないよう行動するために、また、普段の備えについて考えていくためには、災害についてリアルなイメージを持つことが大切です。
 本コースでは特に、大地震を取り上げ、起こりうる具体的な状況を「地震発生時」「6時間後」「1~3日後」と時間を追って示し、「あなたならどうする?」という質問形式で展開していきます。質問に答えながら、災害イメージを具体化し、大地震に見舞われたとき、いかに身を守るか、3日間生き延びるためにどのような準備が必要か考えていきましょう。
 「あなたならどうする?」という質問に、続けて9回トライし、一定以上適切な解答をされた方には、防災・危機管理e-カレッジオリジナルの壁紙・スクリーンセーバーをダウンロードしていただける特典もあります。是非トライしてください!
 
● 風水害から身を守る!
 例年、台風が上陸するなど、風水害に見舞われやすい日本列島。風水害から身を守るため、私たちはどんなことを心がけるべきでしょうか。過去の災害映像をまじえながら12のポイントを紹介します。
 
■ 一般コース
 
● 基礎を学ぶ
 次の各コースには、災害から命、くらしを守るために、是非知っておきたいことが盛り込まれています。それぞれのコースにテストも用意しています。是非全コース受講してください!
 1.過去の災害に学ぶコース  
 今後も起こりうる大規模災害に備え、被害を最小限にとどめるために必要な行動や取組みを、過去の災害から見ていきましょう。
 2.災害の基礎知識コース   
 地震・津波災害、風水害、風水害(竜巻等突風)、火山災害、火災について、災害はなぜ起こるのか、わたしたちの暮らしにどのような影響を及ぼすのか、また、どのような対応をとることが必要かといった基本的な事項を学びます。
 3.災害への備えコース   
 災害時に身を守り、被害をできるだけ小さくし、また、災害後のくらしをできるだけ早く立て直すために、備えておきたい事柄をまとめました。事前の備えチェック、家庭内の安全性チェック、わが家の耐震性チェック、損害保険について目を通し、備えは十分か確認しておきましょう。
 4.いざという時役立つ知識コース   
 災害が起こったそのときに知っておくべきサバイバル技術をまとめました。初期消火、救命手当、救助、119番通報、電気安全、ガス安全、避難、安否の確認、災害時の電話の使用、気象庁から発表される情報、災害時のインターネットを通じた各種情報の入手など、いざという時に役立つノウハウについて学びましょう。
 5.地域防災の実践コース   
 わたしたちの地域を守るために知っておきたい基礎的な事柄をまとめました。地域防災の必要性、地域の防災リーダーの役割、地域防災の実践について学び、これらをヒントにして、わがまちの防災力を高めましょう。
 6.災害時のボランティア活動の実践コース   
 被災地でボランティアとして活動するために押さえておきたいポイントをまとめました。災害時のボランティア活動の意義と役割、被災地に赴いてボランティア活動を行う際の心構えについてご覧いただき、自身も相手も満足のいくボランティア活動を実践しましょう。
● 深く学ぶ
 防災・危機管理に関する専門的な内容についてより深く学びたい方は、次の各コースをご覧ください。
 1.南海トラフ巨大地震・首都直下地震対策
 2.津波対策:(監修)東北大学大学院工学研究科教授 今村文彦氏
 3.火山対策:(監修)静岡大学教育学部教授 小山真人氏
 4.水害対策:(監修)群馬大学工学部助教授 片田敏孝氏
 5.土砂災害対策:(監修)鹿児島大学名誉教授 岩松暉氏
 6.風害対策:(監修)京都大学防災研究所大気災害研究部門助教授 丸山敬氏
 7.雪害対策:(監修)東北工業大学建築学科教授 沼野夏生氏
 8.火災対策:(監修)独立行政法人 消防研究所
 9.原子力災害対策
10.コンビナート災害対策:(監修)横浜国立大学大学院工学研究院教授 大谷英雄氏
11.油流出事故対策:(監修)独立行政法人 海上災害防止センター
12.災害情報:(監修)東京大学大学院情報学環教授 廣井脩氏
◆ 地震調査研究推進本部地震調査委員会による長期評価
◆ 災害史から学ぶリンク集:災害史に関する資料等を紹介しているサイトを集めたリンク集です。
 
■ 専門コース
 
● 大地震に備えた責務
 本コースは、地方公務員、消防職員、消防団員の方々を主な対象として構成しています。災害に見舞われたとき、地域を守るためにいち早く職務に就き、任務を果たすために、どのようなことを考え、準備しておくことが必要か、様々な体験談をヒントに考えていきましょう。
 
● 風水害の教訓と対応
 数々の実災害で指揮を執られた高田勇前長崎県知事へのインタビューを通じて、人々の生命と財産を災害から守るために望まれる地方公務員としての心構えを考えます。
 
● 地方公務員の方へ
 次の各コースは、災害対応の第一義的責任を有する市町村職員全般を対象にしたものです。防災に関する主な法律や近年の災害の教訓を知り、災害予防から応急対応、復旧・復興に至るまで災害対応の基本的な事項を学習しましょう。

 1.災害対応の基礎コース  
 災害対応の基礎知識として、防災に関する主な法律、災害対策基本法改正と近年の主要な災害での教訓を解説します。
 2.災害予防コース  
 被害の軽減、災害対応の準備として日常的に取り組むべき災害予防対策の概略を解説するとともに、図上型訓練や通信機器の整備、備蓄など主要な災害予防対策について解説します。
 3.災害応急対応 時系列コース  
 災害対応イメージを深めるため、地震、風水害及び風水害(竜巻等突風)の災害応急対応について、時間経過をおって、市町村が最優先に行うべき活動とそこで直面する課題を示します。
 4.災害応急対応 基盤コース  
 災害応急対応の基盤となる災害対策本部、情報の収集・伝達、応援体制などについて解説します。
 5.災害応急対応 活動コース  
 災害応急対応のポイントを、避難行動要支援者への対応、避難所の設置・運営、食料の供給、広報・広聴等活動内容別に解説します。
 6.災害復旧・復興コース  
 被災者・被災事業者の立ち直りを支援するための対策の概略や復興計画作成のポイントを解説します。
 7.事業継続計画(BCP)コース  
 地方公共団体におけるBCPの重要性を理解し、その策定や運用方法について解説します。
 8.国民保護コース  
 国民保護の概要と国民保護体制のポイントについて、Q&Aも盛り込みながら解説します。
 
● 消防団員の方へ
 次の各コースは、消防団員の方を対象に、消防活動に必要な基礎的な知識からポンプ操法などの実技、そして幹部としての心構えなどについて段階別に3つのコースで学習します。

 1.基礎コース  
 入団間もない団員を対象に、団員として必要な基礎的知識を学習します。
 2.中級コース  
 初級・中級幹部クラスを対象に、団の管理等を行う上で必要な知識・技術を学習します。
 3.上級コース  
 消防団幹部を対象に、トップとして必要な知識を学習します。
 
● 消防職員の方へ
 消防業務における各分野の概要や基本事項を職員個々のレベルアップの契機に利用できるようにテーマごとに解説します。

 1.広域応援〔緊急消防援助隊〕  
 緊急消防援助隊の制度と運用について学習します。
 2.広域応援〔被災地側の受援対応〕  
 消防の応援を受ける側の消防本部の視点から、受援対応のポイントについて学習します。
 3.特殊災害〔N災害〕  
 放射線の特性や放射性物質の存在する災害現場での活動のポイントについて学習します。
 4.特殊災害〔B災害〕  
 建物内において生物剤が存在する災害現場での活動のポイントについて学習します。
 5.特殊災害〔C災害〕  
 化学剤が存在する災害現場での活動のポイントについて学習します。
 6.特殊災害〔NBC災害対応用資器材〕  
 NBC災害時に用いる防護服や測定器などについて学習します。
 7.特殊災害〔除染要領〕  
 有毒物質などが身体に付着した傷病者の脱衣要領について学習します。
 8.救急(AEDを用いた心肺蘇生法指導要領)  
 AEDを用いた心肺蘇生法の指導のポイントについて学習します。
 9.予防(防火対象物における火災の予防)  
 消防法令における防火対象物の火災予防のあり方などについて体系的に学習します。
10.国民保護  
 国民保護法の概要と国民保護体制のポイントについて学習します。
11.国民保護(Q&A)  
 「国民保護」に対する素朴な疑問についてQ&A形式で学習します。
12.火災性状  
 物品を高密度な状態で陳列した状態での初期の延焼拡大状況を映像で紹介します。
 
 

このページのトップへ

(1)学校の特徴

 インターネット環境でさえあれば、いつでも、どこでも、誰でも、無料で学習することができます。

(2)学習の進め方

 e-カレッジで学習する上で、受講される皆様のお名前、連絡先などの登録は不要です。学習計画や学習の進み具合について個別にお知らせすることはありませんので、次の「学習の流れ()」を参考にして、皆様自身でオリジナルの学習予定を組み、計画的に学習されることをお勧めします。

①基本的な学習の流れ(例)
 まずは入門コースで災害イメージを具体化し、一般コースの「基礎を学ぶ」において災害に対する様々な対応や備えについて学習してください。さらに詳しく学びたい方は、専門の先生方等が監修している「深く学ぶ」で学習してください。

②地方公務員、消防職員、消防団員の方々にお勧めする学習の流れ(
 地方公務員、消防職員及び消防団員の方は、①に加え、専門コースの「大地震に備えた責務」及び「風水害の教訓と対応」で地方公務員としていかに対応していくかについて考えましょう。その上で、それぞれの立場から「地方公務員の方へ」、「消防職員の方へ」及び「消防団員の方へ」を学習していくことで、より災害対応能力を向上させることができます。
 なお、地方公務員、消防職員、消防団員、学生・生徒等、自主防災組織、町内会・自治会等地域住民組織、ボランティア団体及び事業所の方々等の団体での学習を支援するため、「学習管理システム」を用意しました。詳しくは、「学習管理システム」入口をクリックしてください。

(3)テスト

 「基礎を学ぶ」の各コース(災害の基礎知識コース、災害への備えコース等)にテストを用意していますので、ぜひチャレンジしてください。


このページのトップへ

総務省消防庁

〒100-8927 東京都千代田区霞が関2-1-2 電話番号 03-5253-5111(代表)