総務省消防庁

e-カレッジへようこそ

災害予防コース

被害の軽減、災害対応の準備として日常的に取り組むべき災害予防対策の概略を解説するとともに、図上型訓練や通信機器の整備、備蓄など主要な災害予防対策について解説します。
災害予防対策は全庁的に進める必要があります。防災担当者だけでなく、広く地方公務員の方々の学習をお勧めします。

レッスン名 学習内容
●災害予防対策としての取り組み事項 災害予防対策として市町村が取り組むべき対策の内容や、その評価について学びます。
●防災機関を対象とした図上型訓練の方法 防災機関における防災訓練として図上型訓練を取り上げ、その内容や種類、実施の際の留意点について学びます。
●的確に災害対策本部を立ち上げるための準備 災害対策本部を的確に立ち上げるために、平常時から準備しておくべき事項について学びます。
●非常通信システムの確保 「災害時優先電話」の活用及び防災行政無線を活用して災害時の情報伝達手段を確保するための留意点を学びます。
●備蓄体制の整備 災害後の生活に必要な物資を確保するための方策である「備蓄」について、その方法や留意点などを学びます。
●地方公共団体と事業所との防災協力 地方公共団体と事業所との間の防災協力の必要性とその実現のための環境づくりについて学習します。
●防災教育の普及啓発 地域における防災教育の普及啓発のために、成功事例や東日本大震災を踏まえた防災教育のあり方、重要なポイントとなる「ハザードマップ」などについて学びます。
●的確に避難を進めるための取組 避難指示·勧告の基準·体制について、特に津波を中心に、その内容や留意点を学びます。
●防災事務従事者の安全確保 東日本大震災の事例をもとにしながら、防災事務従事者の安全確保について学びます。
●地方公共団体の相互応援に係る備え 地方公共団体の相互応援協定の今までの事例やこれからのあり方について学びます。

このページのトップへ

総務省消防庁

〒100-8927 東京都千代田区霞が関2-1-2 電話番号 03-5253-5111(代表)