総務省消防庁

e-カレッジへようこそ

地方公務員の方へ

次の各コースは、災害対応の第一義的責任を有する市町村職員全般を対象にしたものです。防災に関する主な法律や近年の災害の教訓を知り、災害予防から応急対応、復旧·復興に至るまで災害対応の基本的な事項を学習しましょう。

コース名 学習内容
●災害対応の基礎コース 災害対応の基礎知識として、防災に関する主な法律と近年の主要な災害での教訓を解説します。
特に、新任の防災担当者の方々に学習をお勧めします。
●災害予防コース 被害の軽減、災害対応の準備として日常的に取り組むべき災害予防対策の概略を解説するとともに、図上型訓練や通信機器の整備、備蓄など主要な災害予防対策について解説します。
災害予防対策は全庁的に進める必要があります。防災担当者だけでなく、広く地方公務員の方々の学習をお勧めします。
●災害応急対応 時系列コース 災害対応イメージを深めるため、地震及び風水害時の災害応急対応について、時間経過をおって、市町村が最優先に行うべき活動とそこで直面する課題を示します。
災害対応のイメージをつかむために、防災担当者だけでなく、広く地方公務員の方々の学習をお勧めします。
●災害応急対応 基盤コース 災害応急対応の基盤となる災害対策本部、情報の収集·伝達、応援体制などについて解説します。
災害応急対応の基本的な事項を習得するため、防災担当者だけでなく、広く地方公務員の方々の学習をお勧めします。
●災害応急対応 活動コース 災害応急対応のポイントを、避難所の設置·運営、食料の供給、広報·広聴等活動内容別に解説します。
地域防災計画の事務分掌に従い、担当する活動はもちろんのこと関連するレッスンも含めて学習することをお勧めします。
●災害復旧·復興コース 被災者·被災事業者の立ち直りを支援するための対策の概略や復興計画作成のポイントを解説します。
地域防災計画の事務分掌に従い、担当する活動はもちろんのこと関連するレッスンも含めて学習することをお勧めします。
●事業継続計画(BCP)コース 非常時においても、地方公共団体が事業や業務を継続し、一定のサービスを維持するために必要な、「事業継続計画」の策定や運用の方法を学びます。

このページのトップへ

総務省消防庁

〒100-8927 東京都千代田区霞が関2-1-2 電話番号 03-5253-5111(代表)